Department of Opto-Electronic System Engineering
千歳科学技術大学|北海道|千歳市の理工系大学(理系・工学系)|電子光工学科|理工学部
光テクノロジー|レーザー|ライントレースロボット|光デバイス(ナノテク加工)|ロボット電動車椅子(福祉ロボット) 光システム学科ホーム|総合光科学部|千歳科学技術大学(CIST)|北海道千歳市
二足歩行ロボット|光ファイバ|教育設備|クリーンルーム
現在のページ:【学科ホーム】⇒学科主任より

学科長より

学科長 福田誠 教授

皆さん,こんにちは。 電子光工学科(光システム学科)は,「光の先端技術」の教育研究を目指して開設されました。 コンピュータと光テクノロジーによる高速通信ネットワーク技術の融合・発展によってもたらされた 高度情報化社会の中で、人々の生活、企業、地域社会などのあらゆる社会活動がその利便を活かしたスタイルへと 変容してきました。 そしてマイクロコンピュータ技術が進んだ昨今では、身の回りのデジタル機器、 携帯端末などの小型機器までも情報通信技術の恩恵を受け、 情報化社会を支えるハードウェアの一部となりつつあります。 一方、それと並行して産業用途で培われたロボット技術が多種多様な分野へと展開され、 人間生活を支援するロボット技術へとすそ野を広げています。 情報化社会が、幅広い電気電子関連技術を巻き込みながら、 「いつでも、どこでも、何でも、だれも」が有機的につながった、 いわゆるユビキタスネットワーク社会が到来し,そしてIoT社会へとさらに 発展を続けていくことでしょう。

電子光工学科(光システム学科)では、光テクノロジーを主軸として、電子デバイス、通信技術、 ロボットをはじめとする計測制御・システム化技術分野,およびそれらに 必要なソフトウェア技術をバランスよく学び, 上述した科学技術の発展をリードする人材の育成を目標としています。 その教育内容は、光テクノロジーとエレクトロニクスをベースとした ハードウェアのデバイスからシステム全体の基本原理,およびその設計手法に及んでいます。 光テクノロジーを軸とした横断的な学問・技術領域とハードウェアの システム化技術を融合して教示できる一貫性のある教育と研究は、 専門的知識を備えつつ21世紀の“ものづくり”や”システムづくり”を支える 幅広い知識と応用力を備えた職業人の養成に寄与すると考えています。

また,日本の産業と中国の技術力との連携は今後ますます進展することが予想されます。 国際性を育む教育カリキュラムの一環として, 専門科目の中に「技術中国語」を取り入れました。 電子光工学科の教育プログラムの特徴の一つになっています。

Copyright © 2017 CIST-OESE. All Rights Reserved.

Address: 北海道千歳市美々758-65